日産 プレジデント (President) H150 1968 SGM | SGM – Nissan President H150 1968

2021年9月11日プレジデント (PRESIDENT)FR,SGM (SGM WORKSHOP)

【概要】

日産 プレジデント(President)1968

セドリックスペシャル(50型、1963年2月登場)の後継車種であり、当時の国産乗用車の中で車体、エンジンともに最大サイズであった。搭載エンジンはY40型4.0L V型8気筒OHVとH30型直列3.0L 6気筒OHVの2種類。

同時代のアメリカ製大型乗用車と軌を一にする水平基調のカンファタブルなデザインは、元々2代目セドリック130型用に日産社内デザイナーが計画していたもので、2代目セドリックが会社上層部の意向によりピニンファリーナによる欧州風デザインに差し替えられてしまったため、サイズ拡大のリデザインを受けてプレジデントに転用されたものである。

グレードはタイプA・B・C・Dの4段階でタイプDが最高級仕様となり、その価格は当時としては突出した高額の300万円であった。タイプA(MT車)・B(AT車)にH30型、タイプC・DにY40型エンジンが搭載され、Y40型搭載車にはフロントホイールアーチ後部、及びトランクリッド後端に「V8」のエンブレムが付加されていた。フェンダーミラーには国産市販車初のワイヤー式リモコンミラーが採用された。また国産乗用車初の対向ピストン型ブレーキキャリパーを搭載したのも当車である。

ライバルとなるトヨタ・センチュリーは2年後の登場だったこともあり、販売台数はセンチュリーの2倍を記録した。

ベース車両

  • メーカー・車種
  • Nissan プレジデント(PRESIDENT)150 
  • 型式
  • H150
  • 全長×全幅×全高
  • 5040×1795×1460mm
  • ホイールベース
  • 2850mm
  • トレッド前/後
  • -mm
  • 車両タイプ
  • ■4ドア セダン 
  • ディレクトリ名
  • sgm_president_1969

ベースエンジン

  • 種類
  • V型8気筒OHV
  • エンジン型式
  • Y40
  • 総排気量
  • 3988 cc
  • 過給機
  • NA(自然吸気)
  • レブリミット
  • 6000rpm

性能・スペック

  • 駆動方式
  • FR
  • トランスミッション
  • 4速
  • 最高出力 (馬力)
  • 194 PS
  • 最大トルク
  • 300 Nm
  • 最高速度
  • 加速性能
  • -- s 0–100
  • 車両重量
  • 2550 kg
  • パワーウェイトレシオ馬力重量
  • 5.92 kg/ch

Modダウンロード

  • MODファイル名
  • author
  • ダウンロード

以下を見つけた場合には、ページ↓の「ディスカッション」へのコメントやお問い合わせからご報告頂けると非常にありがたいです。
  • ダウンロードなどのリンク先が無くなっている
  • 新しいMODやダウンロードリンク先を見つけた
  • サイト上の表示の不具合など
その他、以下のようなModの説明情報とかあれば是非教えて下さい!
  • このマフラー●●●のやつだよ
  • 運転席に●●●製バケットシート入ってたよ
  • ●●●のフルエアロキットだよ
  • これって後期テールじゃん
内装・外装問わず装備されているパーツの情報から、実際に使ってみた操作感や設定内容まで、どんなマニアックな情報でも大歓迎です♪