マクラーレン・アルティメット ビジョン グランツーリスモ | McLaren Ultimate Vision GT

2021年9月23日マクラーレン コンセプト・特殊車両MR,グランツーリスモ

【概要】

マクラーレンが「2030年以降」を見据えて開発したのが、このマクラーレン アルティメット ビジョン グランツーリスモ。 もちろん実際には製造しないであろう”架空の”車となり、エンジンは720Sの4リッターV8ツインターボ。フロントホイール左右には独立したモーターが一つづつ与えられ、システム合計で1150馬力を発生。 「グランツーリスモ」シリーズ・プロデューサー山内一典も開発に関わったこのクルマは、圧倒的な未来を具現化しつつも、マクラーレンが培ってきた理念の延長線上にある。それは「ドライバーがすべてに優先する」という思いだ。メインストラクチャーとなるキャビンは、ドライバーをうつぶせ姿勢で包み込むスタイル。その結果、極端なキャビンフォワードを実現するとともに、ドライバーがコーナーのエイペックスを完璧に把握することをも可能にした。ドライバーを覆うティアドロップ型のキャノピーは、良好な視界確保というマクラーレン・ロードカーの美点を踏襲したものだ。 エンジンはキャビンの背後にマウントされ後輪を駆動するが、前輪を覆う「ポッド」内に高出力の電気モーターを格納していて、これが前輪を駆動、両者を合わせたシステム出力は1150 PSに達する。 エアロダイナミクスも画期的だ。マクラーレン アルティメット ビジョン グランツーリスモは独立した空力不可物を最小限に抑え、ボディ自体が理想的なエアロダイナミクスを生み出すよう最適化されている。加えてコーナリング時には、エアインレット開口部周辺のカバーを開くことでドラッグを生み出し、ダウンフォースを稼ぐ。その結果、可動部品の点数が抑えられ、車体の軽量化にも貢献した。F1においてカーボンファイバーをいち早く取り入れたマクラーレンだけに、このマシンでも炭素繊維樹脂を随所に採用。わずか1,000 kgという車重を実現している。

ベース車両

  • メーカー・車種
  • McLaren マクラーレン・アルティメット ビジョン グランツーリスモ 
  • 型式
  • 全長×全幅×全高
  • -mm
  • ホイールベース
  • -mm
  • トレッド前/後
  • -mm
  • 車両タイプ
  • ■クーペ 
  • ディレクトリ名
  • rtm_mclaren_ultimate_vgt

ベースエンジン

  • 種類
  • V型8気筒DOHC32バルブ
  • エンジン型式
  • マクラーレン M840T
  • 総排気量
  • 3994 cc
  • 過給機
  • ツインターボ
  • レブリミット
  • 8250rpm

性能・スペック

  • 駆動方式
  • MR
  • トランスミッション
  • 7速
  • 最高出力 (馬力)
  • 1134 bhp (1150 PS)
  • 最大トルク
  • 0 Nm
  • 最高速度
  • 0 km/h
  • 加速性能
  • ---
  • 車両重量
  • 1000 kg
  • パワーウェイトレシオ馬力重量
  • 0.88 kg/hp

Modダウンロード

  • MODファイル名
  • author
  • ダウンロード

以下を見つけた場合には、ページ↓の「ディスカッション」へのコメントやお問い合わせからご報告頂けると非常にありがたいです。

  • ダウンロードなどのリンク先が無くなっている
  • 新しいMODやダウンロードリンク先を見つけた
  • サイト上の表示の不具合など
その他、以下のようなModの説明情報とかあれば是非教えて下さい!
  • このマフラー●●●のやつだよ
  • 運転席に●●●製バケットシート入ってたよ
  • ●●●のフルエアロキットだよ
  • これって後期テールじゃん
内装・外装問わず装備されているパーツの情報から、実際に使ってみた操作感や設定内容まで、どんなマニアックな情報でも大歓迎です♪